テレアポの予行練習

新入社員が毎年4月になると、会社にたくさん入ってきます。その新入社員たちが一番嫌う仕事に「テレアポ」があります。学生時代にあまり敬語を使うようなことがなく、ビジネスでの電話対応にも慣れていない新入社員にとって、電話による営業はもとより、単に電話の取り次ぎ・受け答えであっても、びびってしまうものです。そんな新入社員が、電話営業、「テレアポ」を任されると、もう大変です。すぐ会社を辞めてしまう社員も出てきます。苦手な電話をしなければならないし、アポイントメントを取らなければ売り上げにつながりません。お客様からキツい断り文句を放たれ、上司からはとにかくアポを取れと言われる板ばさみ状態。こんなことが続くと、電話恐怖症になってしまい、電話をもつだけで手が震える人も出てくるほどです。

ある新入社員はとても真面目で、よくメモを取っていました。テレアポのロールプレイングも真面目に取り組んで、一生懸命に行っていました。実際、ロールプレイングの段階で、落ち着いてゆっくりしゃべることができていたのです。しかし、いざ本番という時になって、その新人さんは、初めの「もしもし」まではよかったものの、次の瞬間から機関銃のように話はじめました。一心不乱に、相手のことなどお構いなしに一方的に話を続けました。結果は予想どおりというか、がんばった甲斐なくというか、あっさり断られてしまいました。どうやら緊張しすぎて早口になってしまったようです。

今度は落ち着いてゆっくり話すようにとアドバイスし、次のテレアポに挑戦しました。しかし、結果は同じ。またまたバ、バ、バ、バッと機関銃のようにまくしたててしまいました。極度のあがり性だったようで、電話になると、どうしても早口にまくしたててしまうようです。ここまで極端ではなくても、多くの人は、緊張や、途中で断られるのを避けようとして、つい早口で用件を伝えてしまいます。そして、そのような人の頭の中では、常に「相手も忙しいので、用件を早口で言わないと電話を切られる」と、強迫観念のように思い込んでしまっているのです。しかし、早口で用件を伝えないと相手が電話を切る、ということはありません。むしろ、早く言うことでかえって切られやすくなってしまうのです。このような人に、アドバイスすることは、「ゆっくりしゃべっても、相手は怒りません。むしろ、ゆっくりしゃべったほうが、断られる確率が滅りますよ」ということです。テレアポの専門会社があります。PICKUPでおすすめしておきます。

PICKUP:テレアポ代行、営業代行サービスなら格安テレアポのビズコール