受験とはなにか?

早い子では小学校受験からはじまり、中学、高校、大学。子どもは、必ずといっていいほど受験に立ち向かわなければなりません。そもそも、受験とはなんでしょうか?受験勉強というと、たんなる知識の詰め込みにおちいりがちです。そこには、義務感と苦労しか存在しないように思われます。

しかし、もっと長期的な目線で考えてみましょう。学校側としては、たんに頭に知識がつまった人材がほしいわけではありません。考える楽しさを知っていたり、発想の柔軟性、ひとつのことを一貫して続けられる根気、目標に向かって努力できる才能、そういったものを持っているかどうかを見極める手段として、受験をおこなっているのです。

そして、そういったことは子どもにとっても、知識以上に一生の財産となります。受験勉強は、たんに良い学校へ進むための手段ではなく、自分自身にとっても有益なことが満載なのです。

また、「志望校合格」という目標ができることは、子どもにとって生きる意味ともなります。10代のころに一つのことを成し遂げられれば、その後の大きな自信へとつながるでしょう。

苦しい部分だけではなく、勉強という行為を楽しみ、成長する実感を味わいながら、受験へと導いてくれるような塾があれば、それ以上のことはありません。