大手塾のデメリットとは

名前の知れた大手の塾には、それだけで安心感があります。しかし、大手塾にもメリットだけではなく、落とし穴があることを知っておかなくてはなりません。

まず、校舎や教室による当たり外れが大きいことです。校舎ごとの実力は、その校舎の校長の力量によるところが大きいです。校長がすぐに変わってしまうような校舎は、何か問題がある可能性が高いとも言えます。そのため、その塾全体の合格実績だけでなく、通おうとしている校舎の合格実績も確かめておいたほうがいいでしょう。

また、講師の実力が均一でないことも、デメリットとしてあげられます。大手塾の講師は数が必要なため、未経験のアルバイトを取ることも多く、まだ慣れていない新米講師に当たってしまう可能性も高くなってしまいます。大きい教室では、たとえ、体験授業のときに良い先生に当たったとしても、通い始めてからその先生が担当になってくれるかはわかりません。

生徒の人数が多い大手塾では、すべての生徒に目が行き届かないこともよくあります。最難関校への合格実績を上げたい塾側にとって、つい頭の良い生徒にばかり関心がいき、それ以外の生徒への対応がおろそかになってしまうのは、致し方ないことなのかもしれません。結果的に、もともと成績の良かった生徒と良くなかった生徒の差が開いていってしまう、という現象が起こりがちです。