学力帯を考慮しよう

進学塾はそれぞれ、得意分野をもっています。難関校の合格者を多数出している塾、または、中堅校に強い塾。

できればより高みの学校を狙いたいと思っている受験生にとって、難関校に強い塾が魅力的と感じるのは当然といえるかもしれません。難関校向けの塾であれば、中堅校なら確実に目指せるだろう、そんな安心感もあるでしょう。

しかし、安易にそのような選択をするのはあまり良いこととは言えません。このような塾のテキストは、基本的に、できる生徒に合わせて作られています。自分の実力と学習内容があまりにもかけ離れている場合、子どもは絶望感をかんじ、モチベーションの低下につながるどころか、本来の実力を発揮できなくなる事態すら考えられます。

このような事態を避けるために、まずは模試などを受けさせて、現在子どもがいる位置を知りましょう。そして、今の子どもの実力よりも少し上だと思えるような塾を選んだほうが、確実なステップアップへとつながります。個々の塾がおこなっている入塾テストを受けさせて、良い結果が出せた塾を検討するのもよいでしょう。親が高望みをして、プレッシャーを与えすぎると、子どもは委縮し、思うような結果を出せなくなってしまうので、注意しましょう。