成果が上がらない人

テレアポの相談に乗るのが、私の主たる仕事なのですが、時々「ん? これって変だよね」「テレアポならではの勘違いだ」と思うことがあります。テレアポをする人の中には、こんな方がいます。自分にはテレアポでの必殺技があるんだ、と。

その必殺技とは、電話で相手に対して「これは営業の電話ではありませんから」と言って、相手の警戒心を解き、世間話をすることだそうです。この方法を使うと、他の同僚はすぐに電話を切られるにもかかわらず、自分は長く相手と会話ができるんだ、と言います。では、そうした長電話で効果はありますか?アボはどのくらい取れていますか? 聞くと、「まあ、いまの時代、そんなに簡単にアボは取れませんが、そのうち取れますよ」と、明らかな効果が出ているわけではない模様。

なんだかジョークみたいですが、これ、れっきとした実話です。テレアポの目的とは「アポを取ること」だと私は考えていますが、なかには、そう考えない方もいるようです。前述の例の方のように、相手に切られないことが目的になっているのです。テレアポでは、すぐに切られることが多いため、まずは、電話を切られないことを考えよう。そのためには、営業という目的を隠して話をし、相手と人間関係を作ってから、電話の趣旨を伝えればアポが取れる。そう錯覚している方がいるのです。

でもよく考えてみてください。突然見ず知らずの人から電話がかかってきて、営業じゃありませんと言ったって、それは嘘だとすぐにパレます。かえって相手は不信感をもつわけで、少しくらい長く話せたとしても、結局、アポが取れなければ同じこと。むしろ、時間と労力をかけた分、断られた痛手は大きいと言えます。

私は、営業においては、電話であれ何であれ、初めにきちんと目的を言って会う約束を取り付けるのが正しい方法だと信じていますし、そうやって私は成果を上げてきました。テレアポの目的は、電話を切られないことではなく、会うことなのです。